Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

追悼・儀間比呂志 沖縄を描き続けた版画家

18/7/14(土)~18/9/9(日)

原爆の図丸木美術館

2017年4月11日、沖縄を描き続けた版画家の儀間比呂志が逝去した。儀間は、1923年に沖縄県那覇市に生まれ、18歳から約3年間を当時日本統治下にあった「南洋群島」テニアン島で過ごした。その後、徴兵検査のため沖縄に戻り、出征。海軍に入隊し、神奈川県横須賀で敗戦を迎えた。戦後の沖縄は米軍政下にあったため、復員列車の終着点であった大阪に生活の基盤を置くことになった。そして大阪市美術研究所で洋画を研修後、上野誠に木版画を学び、1950年代から沖縄の人びとの暮らしや祝祭、沖縄戦、米軍基地問題などをテーマに作品を発表していった。本展では、立命館大学国際平和ミュージアムの協力により、同館が所蔵している儀間の版画作品から45点を展示。沖縄戦をテーマにした芸術表現は、決して多くはない。その数少ない例が、丸木位里・俊夫妻の共同制作《沖縄戦の図》や、儀間の木版画や油彩画・絵本原画となる。どちらも実際に沖縄戦を体験していない、外からの視点で表現された作品であることが、過酷な地上戦となった沖縄戦の傷の深さを表していると言えるのかもしれない。丸木位里は「沖縄を描かなければ、戦争を描いたことにならない」と語った。儀間は、その沖縄戦に向き合い続け、描き、伝えることに生涯を尽くした。儀間の作品を丸木美術館で鑑賞するこの機会は、現在もなお米軍基地問題に直面している沖縄へ私たちの想像力を広げるために、重要な意味を持つことだろう。

開催情報

9:00~17:00、月曜日休館(祝日にあたる場合は翌平日、8月1日~8月15日は無休)

料金

大人900円、中高生または18歳未満600円、小学生400円

※各種割引あり
※障がい者の同行者1名も半額

出品作家

儀間比呂志

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play