Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

竹澤恭子 ヴァイオリン・リサイタル

18/11/8(木)

紀尾井ホール

デビュー30周年。これまでのキャリアを凝縮した思い入れの深いプログラムを披露。今年の前半だけでも香港国際室内楽音楽祭、パリ・シャンゼリゼ劇場、東京・春・音楽祭、イタリア・カリアリ劇場出演など、世界の第一線で活躍し続ける“世界のKYOKO”。今回のプログラムはベートーヴェン壮年期の作で最後となる2つのソナタ第9番、第10番「クロイツェル」を軸に、1988年ニューヨーク・デビューを飾ったバルトークの無伴奏ソナタ、アメリカを代表するブロッホの作品で彼の源流となるヘブライ音楽と濃厚なロマンティシズムが交差する「バール・シェム」。30年のキャリアを凝縮し、その軌跡をたどる一夜に期待。

ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ 第10番 ト長調 Op.96/バルトーク:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ Sz.117 BB 124/ブロッホ:バール・シェム/ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ 第9番 イ長調 Op.47「クロイツェル」

公演情報

ジャンル
オーケストラ/ピアノ/他

料金

S席:6,500円
A席:4,000円

キャスト&スタッフ

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play