Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

恐るべき子供たち

J・コクトーが1929年に発表した小説を、「いぬ」「サムライ」など、後のフィルム・ノワールの名作を作り上げたJ・P・メルヴィルが映画化。彼は1700万フランを投じて完成させたこの作品により、一躍戦後フランスを代表する映画監督にのし上がった。エリザベートとポールは、二人だけの世界を持つ、強い愛情で結ばれた姉弟。この二人の間に、ジェラールという少年が入り込む。3人の関係はやがてモデルの仕事を始めたエリザベートのモデル仲間、アガトの登場で複雑化する。姉弟以外の異性に目を向けたエリザベートとポールは、知らぬ間に二人だけの世界を崩壊させていった……。ナレーションを、原作者コクトーが担当している。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play