Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

新交響楽団 第244回演奏会

19/1/20(日)

東京芸術劇場 コンサートホール

2018年まで新国立劇場芸術監督を務め、世界トップレベルのワーグナー公演の数々を自らの指揮で成し遂げた飯守泰次郎によるワーグナー。新交響楽団は1993年から共演を重ねており、これまでも「ワルキューレ」第一幕、「ニーベルングの指輪」抜粋、2006年に「トリスタンとイゾルデ」抜粋を取り上げてきた。本格的にワーグナーを取り上げるにあたり、新国立劇場では取り上げなかった「トリスタンとイゾルデ」を飯守が選んだことには大きな意味がある。そしてイゾルデには、二期会の公演で同役を歌い絶賛を浴び、新国立劇場のワーグナー公演でも存在感を見せつけた池田香織をはじめ、現在日本で望みうる最高のソリストを迎えて上演。

ワーグナー:楽劇「トリスタンとイゾルデ」第1幕への前奏曲、第2幕全曲、第3幕第3場(演奏会形式)

公演情報

ジャンル
オーケストラ

未就学児童は入場不可。

料金

SS席:4,000円
S席:3,000円
A席:2,500円
B席:2,000円

チケット購入はこちら

チケットぴあ

キャスト&スタッフ

指揮
飯守泰次郎
管弦楽
新交響楽団

独唱:(トリスタン)二塚 直紀、(イゾルデ)池田 香織、(マルケ王)佐藤 泰弘、(ブランゲーネ)金子 美香、(クルヴェナール)友清 崇、(メロート)今尾 滋、(牧童)宮之原 良平、(舵取り)小林 由樹

お問い合わせ

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play