Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

清川泰次 具象から抽象へのあゆみ

19/4/2(火)~19/10/6(日)

世田谷美術館分館 清川泰次記念ギャラリー

2019年は、画家・清川泰次(1919-2000)の生誕100年にあたる。清川泰次記念ギャラリーでは、今年度のふたつの展覧会を通じ、清川の約60年にわたる画業を2期に分けて紹介する。
静岡県浜松市に生まれた清川泰次は、慶應義塾大学経済学部に進学し、在学中に独学で油絵を始めた。1940年代より二科展や読売アンデパンダン展等に出品していたが、次第にそれまで描いていた具象表現に疑問を抱くようになり、自身の芸術を模索すべく1951年から3年間アメリカに渡る。清川は、この渡米を機に本格的に抽象表現へ移行することを決め、その後は線と色面のみによる表現で、もののかたちを写すことに捉われない独自の芸術を探求した。
第1期となる本展では、清川が画家として歩み始めた1940年代から60年代半ばまでの作品を展示。画面から次第に具象的なかたちが消え、多様な線と色面を交錯させた表現へと移り変わっていく、清川のスタイルの変遷を紹介する。

開催情報

ジャンル
美術館

10:00~18:00、月曜日(ただし、祝・休日と重なった場合は開館、翌平日休館)、 5月7日(火)、7月16日(火)、8月13日(火)、9月17日(火)、9月24日(火)休館

※4月23日(火)から5月6日(月・振替休日)は開館
※入館は閉館の30分前まで

料金

一般200円(160円)、大高生150円(120円)、65歳以上・中小生100円(80円)

※障害者の方は100円(80円)、ただし小・中・高・大学生の障害者は無料
※介助者(当該障害者1名につき1名)は無料
※( )内は20名以上の団体料金
※小・中学生は、土、日、祝・休日、夏休み期間は無料

出品作家

アプリで読む