Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

酒器の美に酔う

18/4/24(火)~18/6/17(日)

静嘉堂文庫美術館

「天の美禄」「百薬の長」と称えられる酒。婚礼や宴(うたげ)といった祝いや別れの席、また日々の暮らしのなかなど、人生のさまざまな場面で酒が酌まれ、盃が交わされる。古くから東洋では、酒は神に捧げ、神と人とをつなぐための神聖なものとされ、それを盛る荘重な酒器もまた祭や儀式の中で重要な役割を果たしてきた。やがて飲酒の普及にともない、四季折々の風情やもてなしの趣向にあわせた多彩な酒器が生み出される。本展では、酒を盛る・注ぐ・酌み交わすうつわ、そして酒を呑む人びとをテーマに、およそ3000年前の中国古代から幕末・明治時代まで、中国・朝鮮・日本の豊かな酒器の世界と酒をめぐる美術を紹介。会期中は国宝《曜変天目》を特別公開!2018年は本展のみでの公開となる。

開催情報

ジャンル
美術館

10:00〜16:30(入場は16:00まで)、月曜日(4月30日は開館)、5月1日休館

料金

一般1000円、大高生700円

※中学生以下無料

出品作家

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play