Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

山口蓬春・アートディレクターの世界

19/2/11(月)~19/4/7(日)

山口蓬春記念館

山口蓬春(1893-1971)は、その多岐に亘る画業の中で常に新日本画の創造をめざし邁進し続けた。画壇のなかで早くから活躍する一方で、その人間味に溢れた蓬春のもとには、様々な分野を超えて多くの文化人が集まった。そして、彼らとの交流を通じて深い美を追求する蓬春の活動は、より幅広く展開していく。それは、本の装丁をはじめ切手の図案、歌舞伎の美術監修や衣装図案、緞帳原画の制作など、内容に適したデザインを凝らし、華やかな演出を施すなど、蓬春は画の制作だけではなく、いわばアートディレクターとしても活躍したのだった。そして、昭和43年(1968)には、画業の集大成ともいえる皇居新宮殿の杉戸絵を完成させていく。
日本画の装飾性とデザインは、似て非なるものではあるが、様々な芸術の分野に共通するエッセンスを多分に含んだ表現であるとも考えられる。本展では、蓬春の手掛けた装丁・図案の仕事などに注目するとともに、文化人たちとの交流の跡が偲ばれる作品も併せて紹介する。
前期:2月11日(月・祝)~3月10日(日)
後期:3月12日(火)~4月7日(日)

開催情報

ジャンル
美術館

10:00〜17:00、月曜日(2月11日は除く)休館

※入館は閉館の30分前まで

料金

一般600円、高校生以下は無料

※団体割引:100円割引(20名以上の団体で1週間前までに予約をした場合)
※障がい者割引:100円割引(障がい者手帳をお持ちの方(同伴者1名を含む))
※連携館割引:100円割引(葉山しおさい公園・博物館(大人券のみ)、神奈川県立近代美術館 葉山(企画展の一般券・学生券のみ))
※年間入館券:1800円(発行月から翌年の同月末日まで有効、同伴者2名様まで100円割引)

出品作家

お問い合わせ

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play