Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「誰でも画(え)はかける」

18/4/28(土)~18/6/3(日)

調布市武者小路実篤記念館

「僕にとって画をかく喜びの第一は、写生することによって自然の美しさを今さらに知ることである」とあるように、40歳頃から本格的に絵筆をとった実篤は、野菜や草花、果実など、かこうとするものをじっと見つめ、自然が作り出した形や色の美しさを何とかして紙面に表現しようと50年余り制作を続けた。本展は日本絵手紙協会創立者であり上武大学手がき文化研究所所長の小池邦夫氏が監修。絵手紙の根底にある「自分を表現することで、日常を豊かにすることができる」という考えは、実篤から受け取った思いをこれからに伝えるひとつの表現方法であると言う。四国・松山で生まれ育ち、17歳の頃に文学作品を通して実篤に出会い、76歳になる今も精力的に活動する小池氏の原点となった実篤の画業を紹介する。

開催情報

ジャンル
美術館

9:00〜17:00、月曜日休館(祝日のときはその翌日、翌日が祝日のときはその翌日)

※展示室・閲覧室には、休館日のほかに休室日あり

料金

大人200円、小・中学生100円

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play