Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

101.6 x 101.6cm, Mixed media on canvas

ヘブル・ブラントリー / Hebru Brantley 

19/5/10(金)~19/6/1(土)

MEGUMI OGITA GALLERY

ヘブル・ブラントリーはクラーク・アトランタ大学で映画の学士号を取得、デザインとメディアイラストレーションのバックグラウンドを持ち、現在はロサンゼルスに在住しながら数多くの個展やグループ展、アートフェアに参加している。
彼は地元シカゴの個展で全国的な知名度を得て、さらにハリウッドセレブ、俳優、ミュージシャンなどの間で人気が高まり、ロンドン、サンフランシスコ、アトランタ、マイアミ、シアトル、ロサンゼルス、ニューヨークなど様々な都市で展覧会が開催されている。また日本でもファッションブランドBAPEとのコラボレーションアイテムが販売され、他にもNike、Adidas、Hublotなど様々なブランドとコラボレーションするなど人気を集めている。
ヘブル・ブラントリーはコンセプチュアルなキャラクターを通して、鑑賞者を彼の作品世界に引き込んでいく。彼が生み出すキャラクターは郷愁、精神、力や希望など複雑な人間の内面を表現している。そうした重層で多面的な作品の中にも、鮮やかな配色やポップアート的なモチーフが親近感を与えている。1960年代から70年代にかけてシカゴ南部で起こった、アフロ・コブラ・ムーブメントに大いに影響を受けた彼は、アフリカにルーツを持つ自身の疑問を追究するため、壁画やグラフィティなど一連の作品に取り組んできた。
ブラントリーの作品には正義と悪、中心と周辺にあるものが混在している。近い将来私たちに起こりうることを、日常のごく当たり前のこととして描く作風には、日本のマンガやポップカルチャーの影響が見て取れる。彼は油、アクリル、水彩絵具やスプレー塗料から、コーヒー、紅茶など伝統に縛られないものまで幅広く画材として使用している。
今展では、大作2点を含む新作計8点を展示する。テクノロジーがますます飛躍している現代において、彼の作品は日々の進化を改めて鑑賞者に意識させるものになるだろう。

開催情報

ジャンル
ギャラリー

11:00~19:00、月曜・日曜・祝日休廊

料金

無料

出品作家

お問い合わせ