Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

特別展「国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅」

19/3/26(火)~19/6/2(日)

東京国立博物館

東寺(教王護国寺)は、平安京遷都に伴って、王城鎮護の官寺として西寺とともに建立された。唐で新しい仏教である密教を学んで帰国した弘法大師空海は、823年に嵯峨天皇より東寺を賜り、真言密教の根本道場とした。2023年には、真言宗が立教開宗されて1200年の節目を迎える。
空海のもたらした密教の造形物は、美術品としても極めて高い質を誇り、その多彩さや豊かさはわが国の仏教美術の中で群を抜いている。
本展は、空海にまつわる数々の名宝をはじめ、東寺に伝わる文化財の全貌を紹介するもの。空海が作り上げた曼荼羅の世界を体感できる講堂安置の21体の仏像からなる立体曼荼羅のうち、史上最多となる国宝11体、重文4体、合計15体が出品されるほか、彫刻、絵画、書跡、工芸など密教美術の最高峰が一堂に会する。東寺が1200年にわたり、空海の教えとともに守り伝えてきた至宝を堪能してほしい。

開催情報

ジャンル
美術館

9:30〜17:00、月曜日・5月7日休館(ただし4月1日(月)[東寺展会場のみ開館]、4月29日(月・祝)、5月6日(月・休)は開館)

※金曜・土曜は21:00まで
※入館は閉館の30分前まで

料金

前売一般1400円、大学生1000円、高校生700円
当日一般1600円(1300円)、大学生1200円(900円)、高校生900円(600円)

※( )内は20名以上の団体料金
※中学生以下無料
※障がい者とその介護者一名は無料です。入館の際に障がい者手帳などをご提示ください

お問い合わせ

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play