Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

舟越桂 FUNAKOSHI Katsura 樹の水の音  Sound of Tree Water  2019  painted camphor wood and marble  93 x 46.5 x 31 cm 撮影:岡野圭

NISHIMURA GALLERY 45th Anniversary New Works

19/6/25(火)~19/8/3(土)

西村画廊

本展では、舟越桂、押江千衣子、小林孝亘、指田菜穂子、曽谷朝絵、町田久美、三沢厚彦ら7名の最新作を展示する。
舟越桂は、繊細な知性を感じさせる清新な眼差しと、透明な深みを湛える青い胴体が印象的な木彫《樹の水の音》(2019)を発表します。水に濡れた薄衣を纏うこの作品は、舟越にとって9年振りの着衣像となる。
押江千衣子は、花の生命の躍動と儚さを複雑な色相の内にとらえた絵画《散花》(2017)を発表する。
小林孝亘は、不可能なバランスで組まれた積木のペインティングを描いた絵画《Block》(2019)を発表する。実際には起こり得ない光景が、絵画においては日常的な実感を伴って成立するという不思議を示唆するこの作品は、小林がここ数年来取り組んでいる積木のシリーズの最新作となる。
指田菜穂子は、連作「日本文学大全集」から、谷崎潤一郎の短編『小さな王国』を題材にした作品《日本文学大全集 大正七年の男 貝島》(2019)をはじめ、計3点の絵画を発表する。この連作は1900年から1925年を対象に、ある小説の登場人物を題名に用い、その小説が発表された「年」を主題とするもので、その年に生まれたあらゆるイメージを集め世相を表現することによって、書架に並んだ文学全集のように、集積された時間・時代を可視化する、という意図の下に制作されている。
曽谷朝絵は、昨年TOKASの助成によりバーゼルで滞在制作した、新しい連作《Chords》のドローイングを発表する。曽谷はこの作品について、「私のもつ「色が音を発する」という共感覚を視覚化している。個々の絵画は、時間に連れて移ろう光の投影や反射が描かれていると同時に『色の和音』を示すモジュールでもある。それらを様々な形で(例: 水平線のように横一列に、あるいは複数列に横に、あるいは縦に、等)楽譜のように組合わせて展示し、1つの曲を空間に立ち上げる。共感覚を通して人間の認識の仕組みを探っている」と述べている。
町田久美は、最低限の墨線とミニマルな着色が特徴的な従来の作風から大きく変化した、夢の中の出来事のように多義的な幅を持つ、非現実な色彩と風景が印象的な絵画を発表する。
三沢厚彦は、20年近く続けている《ANIMALS》シリーズから、ブルテリアやウサギ、さび猫などの木彫の最新作を発表する。人間がある「動物」に対して抱える概念——たとえば「クマ」なら、実在や空想上のクマが混在した概念——をそのまま抽出したかのようにシンボリックな姿形をした《ANIMALS》は、それゆえ広汎で複雑な魅力を有しています。また、直感的かつ精緻な構成力に裏打ちされた、自由で迷いのないストロークが印象的なペインティングも数点発表する。

開催情報

ジャンル
ギャラリー

10:30~18:30、日曜・月曜・祝日休廊

料金

無料

出品作家

お問い合わせ

アプリで読む