Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

ベルリン・フィル首席奏者 ヴェンツェル・フックスとシュテファン・ドールを迎えて/管打楽器シリーズ2019

19/7/12(金)

東京藝術大学 奏楽堂

「東京藝術大学管打楽器シリーズ2019」7月の公演はベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の首席クラリネット奏者、ヴェンツェル・フックス氏と、同首席ホルン奏者のシュテファン・ドール氏をお迎えして上演。二人が同時に来日されるという幸運に恵まれた本年は、両氏提案のプログラムで、弦楽器やピアノを含んだ編成のヒンデミット(1895~1963)、マルティヌー(1890~1959)、ストラヴィンスキー(1882~1971)といった近代の作品を中心に、厳選された室内楽をプログラム。ドール氏おすすめの10人の管楽器奏者によるラフ(1822~1882)の《シンフォニエッタ》は聴きどころ。初夏の爽やかな夕べを室内楽の音色とともに

ストラヴィンスキー: 《七重奏曲》/ヒンデミット:ピアノ、金管と2台のハープのための《 協奏音楽》 作品49/ストラヴィンスキー:《 管楽器のための交響曲》 1947年版/マルティヌー:《九重奏曲第2番》 H 374/ラフ:《 シンフォニエッタ》 ヘ長調 作品188

公演情報

ジャンル
器楽 室内楽

未就学児童は入場不可。
18:30よりヴェンツェル・フックス、シュテファン・ドールによるプレトークあり(通訳付)。

料金

全席自由:2,000円

チケット購入はこちら

チケットぴあ

キャスト&スタッフ

フルート:高木 綾子/オーボエ:小畑 善昭/クラリネット:ヴェンツェル・フックス、三界 秀実/ファゴット:井上 俊次/ホルン・指揮:シュテファン・ドール/トランペット:栃本 浩規、星野 朱音/トロンボーン:古賀 慎治/ハープ:福井 麻衣/ピアノ:有森 博/ヴァイオリン:松原 勝也/ヴィオラ:百武 由紀

アプリで読む