Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

ignore your perspective 43「海上の道 セッション1」 荒渡 巌 / 緒方ふみ / 杉本圭助 / 渡邊慎二郎

18/8/25(土)~18/9/22(土)

児玉画廊|天王洲

荒渡巌(初紹介)、緒方ふみ、杉本圭助、渡邊慎二郎(初紹介)の4名の作家を取り上げる。
名も知らぬ遠き島より流れ寄る椰子の実一つ。島崎藤村の詩による唱歌として知られる「椰子の実」の歌い出しにあるように、四方を海に囲まれたこの国には浜辺に寄せる波と共に多くの漂着物が海の彼方から運ばれてくる。そうした漂着物を思考の起点に日本人の来し方行く末に思いを馳せる柳田国男の最晩年の著書「海上の道」には、島崎の「椰子の実」の原案が柳田の体験に基づくものだ、と書かれている。伝承を集め、土地へ赴き、国の文化と生活の歴史を内側から体験的に紐解いていく学問である民俗学。その始祖である柳田の遺言的著作「海上の道」は、若い時分に見た打ち上げられた椰子の実に思考の端を発し、風、宝貝、ネズミ、稲作まで、緩やかな連続性を持った試論を重ねていく良書だ。海の果て、波の向こう、古今東西それは見知らぬ「何か」の比喩である。しからば、浜辺に打ち寄せられる数多のもの、柳田の表現を借りれば「寄物(ヨリモノ)」は、その得体の知れない「何か」へと接続できるものと言える。故に、珍奇な拾得物としてだけでなく、信仰の対象ともなり、恐れや願いを託すものにもなるのだろう。生活や文化、思考も宗教も、生き死にさえもが去来するその瀬戸際としての浜辺。ありとあらゆるものをその身に付着させながら、「何か」が流れ着く場所としての浜辺。美術に取ってもこの上もない思索の舞台となり得るのでは無いだろうか。

開催情報

ジャンル
ギャラリー

11:00~18:00、日・月・祝休廊

※金曜日は20:00まで

料金

無料

出品作家

荒渡巌、緒方ふみ、杉本圭助、渡邊慎二郎

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play