Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

赤いシュート

「ジュリオの当惑」等で知られるイタリアの異才ナンニ・モレッティの1989年度作品。学生時代は水球に打ち込んでいたという彼が、自ら水球のスター・プレーヤーである主人公に扮している。イタリア共産党の若き指導者で、名門水球チームの選手でもあるミケーレは競技場に向かう途中、自動車事故に遭い、軽い記憶喪失に陥る。なんとか試合場へ向かうのだが、今や彼の記憶の中にあるのは、母親に愛されていた子供の頃の思い出だけ。すべてを忘れたまま試合に臨むミケーレは、勝敗を決する大事なファール・シュートを託されることになり……。“自分探し“というシリアスなテーマながら、語り口はモレッティらしく軽妙でコミカル。切なさが残る後味にも彼の、並々ならぬ才気がうかがえる。フランスの由緒ある映画雑誌『カイエ・デュ・シネマ』は、1989年度のベストワン作品として、本作を選出した。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play