Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

ベイビー・オブ・マコン

P・グリーナウェイによる問題作。17世紀のイタリア。町の劇場で、『マコンの赤児』と題された劇が幕を開けた。それは、不妊症が流行する時代に醜い妊婦から生まれた子供が、金のためにその姉に利用され、救世主に祭り上げられるというもの。舞台袖の特別席には権力者のコシモらの一行が陣取り、舞台にしゃしゃり出ては大声で感想をもらす。やがて、舞台上と観客席の境界があいまいになっていき……。格調高い映像美で描かれた物語の中に、マスコミにほんろうされやすい現代社会の風潮を浮き彫りにする。スキャンダラスな結末が、いかにもグリーナウェイらしい。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play