Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

リンカーン/秘密の書

12/11/1(木)

TOHOシネマズ 日劇にて公開

リンカーン大統領は吸血鬼ハンターだった!?

『ウォンテッド』や『ナイト・ウォッチ…』で知られるロシアの鬼才ティムール・ベクマンベトフ監督最新作。「アメリカ奴隷解放の父、第16代大統領リンカーンがヴァンパイア・ハンターだったら?」という突き抜けた設定が話題のアクション大作だ。監督お得意の大胆にして斬新な映像表現に期待したい。ティム・バートンが製作を務めている。

成人を迎えたリンカーンは、母を死に追いやった地元の名士ジャック・バーツへ復讐を試みる。しかし、リンカーンは逆に返り討ちにされ、重傷を負ってしまう。そこへ富豪の青年ヘンリーが現れ、リンカーンを助けると、ヘンリーは隠されていた驚愕の真実を話し始める。