Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

雲南物語

1945年、敗戦によって、肉親と離れ離れになり、一人中国に取り残された加藤樹子。彼女は、雲南省の少数民族、哈尼(ハニ)族の軍人夏沙(カサ)と結婚する。二人は哈尼族の村へ帰るが、夏沙は間もなく病死してしまう。再び一人になった樹子は村の風習に従い夏沙の弟、夏洛(カラク)と結婚し、ようやく平穏な日々を送るようになる。しかしそんな樹子のもとにも文革の嵐が忍び寄っていた。辺境の地、雲南省で生きる日本人女性の実話をもとに、彼女の数奇な人生と夫婦の愛を淡々と描き出す。