Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

清川泰次 昭和の学生旅行

18/9/8(土)~19/3/17(日)

世田谷美術館分館 清川泰次記念ギャラリー

1940年代より約60年にわたり、独自の抽象芸術を探求し続けた画家・清川泰次(1919-2000)。清川は、慶應義塾大学を卒業後、本格的に画家としての活動をはじめたが、その一方で、学生時代には写真部に所属するなど、写真にも強い関心を持っていた。清川がライカなどのカメラを手に、家族や友人、日本各地の風景を撮影した写真は、数千点にものぼる。
本展で紹介するのは、清川が学生時代に旅先で写したモノクロ写真の数々。清川の写真は、あくまでアマチュアとして撮影したものではあるが、昭和の人々や風景が美しく切り取られ、旅行中の写真には、今も観光スポットとして知られている各地の、昭和10年代の様子をみることができる。若き日の清川がのこしたアルバムとともに、昭和の鎌倉や日光、奈良などの風景を愉しむことができる。また、あわせて、清川の油彩作品も展示する。

開催情報

ジャンル
美術館

10:00~18:00、毎週月曜日休館(祝休日と重なった場合は開館、翌平日休館)、年末年始休館(12月29日~1月3日)

※入館は閉館の30分前まで

料金

一般200円(160円)、大高生150円(120円)、65歳以上/中小生100円(80円)、障害者の方は100円(80円)

※小中高大学生の障害者は無料
※介助者(当該障害者1名につき1名)は無料
※(  )内は20名以上の団体料金
※小中学生は土、日、祝・休日は無料

出品作家

アプリで読む