Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

日本フィルハーモニー交響楽団 第707回定期演奏会

19/1/25(金)~19/1/26(土)

サントリーホール 大ホール

共に日本のクラシック界を担い、発展させてきた二人の偉大な匠(マエストロ)が登場。指揮者小林研一郎とチェリストでありサントリーホール館長の堤剛が、近年では演奏機会の少ないシューマンのチェロ協奏曲を披露。この選曲は匠同士の会話の中から生まれたアイディアであり、円熟の極みである両者の間でどのような演奏が生み出されるか楽しみ。後半はチャイコフスキーの交響曲第3番《ポーランド》。5楽章から成るこの作品は、地方色豊かな響、リズム、そしてメロディに彩られた音楽で、もっと演奏機会に恵まれて良い名作。

シューマン:チェロ協奏曲 イ短調 Op.129/チャイコフスキー:交響曲第3番 ニ長調 Op.29「ポーランド」

公演情報

ジャンル
オーケストラ

未就学児童は入場不可。

料金

S席:8,000円
A席:6,500円
B席:6,000円
C席:5,000円
P席:4,000円

チケット購入はこちら

チケットぴあ

キャスト&スタッフ

お問い合わせ