Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

新日本フィルハーモニー交響楽団/ルビー〈アフタヌーン コンサート・シリーズ〉金曜

18/7/13(金)~18/7/14(土)

すみだトリフォニーホール 大ホール

ロマン派時代を代表するヴァイオリン協奏曲であるブルッフの第1番を注目のヴァイオリニスト、木嶋真優が演奏。彼女はザハール・ブロンの薫陶を長く受けていて、その美しい音色も魅力的だ。ブルッフの第1 番は古今の名手が取り上げて来た傑作で、オーケストラと独奏の掛け合いも見事に計算されている。ブルック ナーの交響曲第4番は「ロマンティック」と いうサブタイトルでも知られる傑作(今回は1874年初稿、ノヴァーク版を使用)。 そのサブタイトルは作曲者自身が付けたのではないが、作品の様々な所で、豊かな 旋律と活き活きとしたリズムが感じられるのも事実。ブルックナーの交響曲の中では聴きやすい作品のひとつだ。ワーグナーも得意とするシモーネ・ヤングがこの作品の若々しい魅力をどんな風に描き出すのか? そこにも注目したい。

ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番ト短調 op.26/ブルックナー:交響曲第4番変ホ長調 「ロマンティック」 WAB 104 (1874年初稿・ノヴァーク版)

公演情報

ジャンル
オーケストラ

未就学児童は入場不可。

料金

S席一般:4,500円
S席シルバー(65歳以上):3,500円
A席一般:2,000円
S席学生:2,000円
A席学生:1,000円

チケット購入はこちら

チケットぴあ

キャスト&スタッフ