Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

おかあさん

京都文化博物館フィルムシアター

全国の小学生が書いた作文に着想を得た水木洋子のオリジナル脚本を成瀬巳喜男が演出した名作。都会の下町に暮らす一家が世帯主である父親を病気で亡くし、母を中心に困難な状況を生きる姿を綴っている。導入部における作文の朗読のようなナレーションによって物語は長女の視点をとり、日常の小さな出来事や人々の微妙な心の揺れが、思春期の少女らしい鋭敏さで細やかに捉えられる。父親の死、里子へ行く次女との別れなどの不幸な事件をも劇的な誇張を排して淡々と描く成瀬監督の作風は、その繊細さゆえに豊かな情感を生み出し、登場人物への親愛の情をかきたてられずにはおかない。

上映情報

ジャンル
日本映画
制作年・国
1952/日本
配給
東宝=新東宝
上映時間
98分

キャスト&スタッフ

アプリで読む