Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

松江泰治 「gazetteer」

18/11/24(土)~18/12/22(土)

TARO NASU

TARONASUでは11月24日より、松江作品の代表的シリーズである「gazetteer」シリーズをとりあげる。モノクロの風景写真としてしられる「gazetteer」ですが、松江は本シリーズを制作開始した当時からすでにカラーフィルムでの撮影も同時に行っていた。同じ被写体をモノクロ、カラーの両方の手法で撮影しながら、モノクロのみを現像し発表した理由として松江は、当時のカラー写真は自分が望むクオリティを実現できなかったから、と語っている。写真はテクノロジーであり情報であると公言し続けてきた松江にとって、カラー写真をめぐる技術的進化は表現領域の拡大と同義であった。2005年に初のカラー作品および作品集「JP-22」を発表、現在では制作の比重はカラー写真のほうがより多く占めるという。
今回、TARONASUの個展では、「gazetteer」シリーズから、同じ被写体を撮影したモノクロとカラー両方の風景作品を展示。同時期に撮影されたものもあれば、数年後に再度、同じ撮影地、同じ被写体で撮影された組み合わせもあるという多彩なラインアップは、時間の要素をもとりこみながら、モノクロとカラーのイメージの往還を可視化する遊び心にあふれた構成だ。
「見る技術」としての写真にこだわり続ける松江泰治の本展は、2018年12月8日から広島市現代美術館にて開催される個展「松江泰治 地名事典|gazetteer」に先立ってオープンする。また広島ではGALLERY-SIGN Hiroshimaにおいても同12月8日から「松江泰治 JP-34」展がスタート予定。ほぼ40年にわたる松江の軌跡を知ることのできる機会となる。

開催情報

ジャンル
ギャラリー

10:00~18:00、日曜・月曜・祝日休廊

料金

無料

出品作家

お問い合わせ

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play