Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

同時代劇作家ワークショップ・プログラムvol.1 リーディング公演 『景観の邪魔』『解体されゆくアントニン・レーモンド建築 旧体育館の話』

18/12/9(日)

吉祥寺シアター

現在注目の劇作家による、近年の上演作品を題材に、劇作家自身が行なったリーディング・ワークショップの発表上演。綾門優季作『景観の邪魔』と、オノマリコ作『解体されゆくアントニン・レーモンド建築 旧体育館の話』(愛称:『Q体』)をおくる。開発・発展の中で変わりゆく景色を描いた2作品だ。

上演情報

ジャンル
小劇場

料金

一般-1,000円

武蔵野市民割引あり(在勤・在学可/要証明書)

アプリで読む