Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

悦楽共犯者

19/1/2(水)~

淀川文化創造館シアターセブン

チェコのアート・アニメの大御所J・シュヴァンクマイエルが、「ファウスト」に続いて撮り上げたライブ・アクション主体の長編映画。現代のプラハで生活を営む雑誌店の主人や客、TVキャスター、郵便配達婦、刑事らが微妙に絡み合う群像劇なのだが、悪趣味で名高い鬼才が“人間の快楽“をテーマに取り組んだ作品だけに、その奇想天外な内容は凡人の想像の域を超えるほどアナーキーだ。怪鳥のハリボテを製作して悦びに震える男、鯉がうごめくバケツに足を突っ込んでエクスタシーを感じる美女など、人間が己の欲望を満たすための多彩なテクニックを、手品師さながらに披露。このブラックなセックス・ファンタジーを笑い飛ばすか、顔をしかめるかは見る人の感性次第といえそうだ。