Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

日本美術院創立120年記念 日本画の挑戦者たちー大観・春草・古径・御舟ー

18/9/15(土)~18/11/11(日)

山種美術館

近代以降の日本画壇において、常に先導的な役割を担ってきた日本美術院。今年、創立から120年を迎えることを記念して、同館では、日本美術院の画家たちのなかでも特にめざましい活躍をみせた横山大観、菱田春草、小林古径、速水御舟を中心に、同院の活動の軌跡をたどる展覧会を開催。
明治時代に入り、西洋の絵画が広く普及するなか、新時代にふさわしい日本絵画を画家たちは探求しいた。その状況下、東京美術学校(現・東京藝術大学)を辞職した天心が、それに従った横山大観たち若手画家などとともに、1898(明治31)年、日本美術院を創立する。一時、茨城県五浦での低迷期を経たものの、1914(大正3)年、大観たちによって再興された。その後も、古典を規範に日本画の新生面を切り拓こうと挑む多くの画家たちが、日本美術院を舞台に活躍している。
なかでも注目されるのが、日本美術院の創立に参加した横山大観と菱田春草、および彼らに続く世代の旗手として活躍した小林古径と速水御舟である。大観は再興後も日本美術院の中心的な存在であり続け、春草は16年の短い画業の間に数々の秀作を生み出した。また、古径は謹直な線描と清澄な色彩による格調高い画風を確立し、古径より一回り若い御舟は、次々と新たな日本画の創造に挑み続けた。
本展では、これら4名の画家を中心に、大観・春草と同世代の下村観山、古径とともに昭和期の日本美術院を牽引した安田靫彦や前田青邨、早逝した御舟に対し、長寿を保ち平成の世まで活躍し続けた同世代の奥村土牛や小倉遊亀など、同院の歴史を飾る画家たちの優品を一堂に展示。また、古径の代表作である《清姫》全8点を一挙に特別公開する。
山種コレクションのなかから、日本美術院で切磋琢磨した画家たちの多彩な作品を通し、様々な表現に挑み新たな日本画を開拓した画家たちの軌跡を紹介する。
※出品内容・展示期間には変更が入る場合あり

開催情報

ジャンル
美術館

10:00〜17:00(入館は閉館の30分前まで)、月曜日(ただし、9/17、24、10/8は開館、9/18、25、10/9は休館)

料金

一般1000円、大高生800円

※中学生以下無料
※障がい者手帳、被爆者健康手帳をご提示の方、およびその介助者(1名)は無料。
※きもの・ゆかた割引:会期中、きもの・ゆかたでご来館のお客様は、団体割引料金となります。
※リピーター割引:本展使用済み入場券(有料)のご提出で、会期中の入館料が団体割引料金となります。(一枚につき1名様1回限り有効。同一の展覧会を2回目以降にご覧いただく場合に有効。他の展覧会の入場券はご使用いただけません)
※ 複数の割引の併用はできません。

出品作家

歌川広重、横山大観、菱田春草、速水御舟、川端龍子、川合玉堂、奥村土牛

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play