Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

さよならに、塩と胡椒

18/9/15(土)~18/10/22(月)

アキバタマビ21

わたしたちが様々な場面で口にする「さよなら」は、伝える相手、場所、状況によって多様な意味が込められている。それらには共通して、「さよなら」を伝えることで他者を不在にし、共有した時間を自身の解釈によって、唯一の「味」を持った記憶へと変化させていると考える。そして、その記憶は自らの身体に刻まれ、体験として蓄積されていくだろう。
一方で、わたしたちの社会は情報化がさらに加速し、クラウドコンピューティングをはじめとして、あらゆる情報は電子化され、情報を保持していた本体ではなくインターネット上に蓄積されるようになった。言い換えれば、物質から切り離された情報は、いわばオーラや魂となって、私たちの身体の周りに幽体的な状態で保存されているとも言える。その状況は、スマートフォンやタブレットといった液晶画面を持つ媒体から、いつでも・どこでも情報を呼び出すことができる代わりに、情報を召喚するために画一化された物質だけを、わたしたちは求めるようになっているのかもしれない。
それに対して美術作品は、作者による様々な記憶が物質に内包されている。作者がこれまでに出会った人やもの、風景、出来事に告げた「さよなら」が、表現によって濃密な「味」を持った形となり、見る人の中にかつてあったもの、不在のありかを認識させる。見る人は作品に込められた「味」と自身がかつて体験した同じ「味」を探り、その時に味わった感覚をより強固なものとして、自身の記憶と身体に刻み込む。それは、物質に情報を宿す上で、存在意義を見出すための重要な行為なのではないだろうか。
本展は、記憶の定着を客観的・直接的な記録が難しい「味」と結びつけ、4人の作家がそれぞれの作品に込めた「さよなら」を、鑑賞者が味わうことで不在だった記憶を呼び起こし、作品固有の体験として再認識することで、現代の幽体化した情報の所在を明らかにする。それは、情報が膨大になったがゆえに埋没し、均質化してしまった現代にとって、実体性を捉え直す有効な手段となるだろう。それぞれの作者が、作品を生み出す時に告げた「さよなら」を、ゆっくりと味わうことができる。

開催情報

ジャンル
ギャラリー

12:00〜19:00、火曜休廊

※金曜・土曜は20:00まで

料金

無料

出品作家

黒田翔太、近藤南、杉岡みなみ、高山夏希

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play