Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

(C)スーパーサウルス

曙光

18/10/6(土)~

アップリンク渋谷

自殺志願者の救助活動に身を投じた女性の物語

ひきこもり、孤独死、介護などの社会問題を扱った作品を手がけ、『抱擁』で文化庁記録文化映画部門優秀賞を受賞した坂口香津美監督が、自殺をテーマに撮り上げた劇映画。年間2~3万人が自ら命を絶っている自殺大国ニッポンの現状を背景に、娘を自殺で亡くした過去を持つ女性が自殺救助の活動を行う姿を描き出す。主人公を演じるのは黒沢あすか。

13年前に中学生の娘を自殺で失った文絵は、自殺志願者の保護・救助活動を行っていた。しかし自殺寸前にまで追いつめられた人々を説得し、生き直してもらうのは容易ではない。ある夜、ひとりの男性を救助した文絵は、自分の人生の基盤を揺り動かされていく。