Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

江戸から明治へ

18/4/20(金)~18/5/27(日)

那珂川町馬頭広重美術館

およそ260年続いた江戸時代。嘉永6年(1853年)の黒船来航をきっかけに、アメリカをはじめとする諸外国からの干渉により時代は著しく変化し、明治時代を迎える。開国後は、西洋の影響を受けて政治体制や都市システム、生活文化と様々な分野で変化した。浮世絵風景画の名手と呼ばれた初代歌川広重は、この激動の幕末に絵師として活躍し、長く続いた江戸の風景を描いた。やがて時代が進むにつれ、この『歌川広重』の名は二代、三代へと引き継がれ、当時の変わりゆく日本の姿を描き残していく。本展では、初代歌川広重から三代歌川広重までの版本や名所絵、開化絵より、江戸から明治へどのように変化したのか辿る。

開催情報

ジャンル
美術館

9:30〜17:00(入館は16:30まで)、月曜日休館(祝日は開館し、翌日は開館)

料金

大人500円、高大生300円

※中学生以下無料

出品作家

アプリで読む