Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

(左上)伊藤一洋「天體 No.24」180×130×330mm ブロンズ 2016年/(左下)淺野健一「振動丸」朴、漆、金、モーター 2016年/(右)鵜飼康平 「跡 15-03」40×180×1920mm 桐、漆、金箔、錫粉 2015年

淺野健一 伊藤一洋 鵜飼康平「Three Sculptors」

18/7/13(金)~18/8/11(土)

hpgrp GALLERY TOKYO

2015年1月に開催し好評を博した「Five Sculptors」。素材を限らず5名の彫刻家に焦点を当て、想像やイメージだけではなく、重力と素材という物理的な事実と向き合わなければならない「彫刻の領域」を改めて認識する、というテーマのもとに開催。3年を経た今、3名の彫刻家の最新作と共に彫刻の今を切り取り紹介する。
伝統的な木彫技法をベースにからくり構造やLED素材を用いるなど、木彫の可能性を広げている淺野健一。日々ブロンズに触れ、彫刻とは何か?という永遠の問いに挑戦し続ける伊藤一洋。漆と木を掛け合わせ、その内側から見えてくる新たな形を取り出す鵜飼康平。常に新たな表現領域に挑む3名の彫刻家によるグループ展を開催する。

開催情報

ジャンル
ギャラリー

12:00~20:00、日曜・月曜休廊

料金

無料

出品作家

伊藤一洋、淺野健一、鵜飼康平

アプリで読む