Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

源実朝没後800年 鎌倉市制施行80周年記念 特別展 「源実朝とその時代」

19/1/4(金)~19/2/3(日)

鎌倉国宝館

本展は、平成31年が鎌倉幕府第3代将軍源実朝(1192~1219)の没後800年にあたることを記念し、実朝の肖像作品をはじめとして、その信仰や芸術に関する資料などを、一堂に展観するもの。
建仁3年(1203)に12歳の若さで鎌倉幕府の第3代将軍に就任した実朝は、当初は祖父・北条時政や母・北条政子らに補佐・後見されていたが、成長に伴い主体的に幕政に関与するようになる。
近年の研究の成果により、従来の実朝に対する「政治や武芸に関心を持たず、和歌をはじめとする京都の文化に耽溺した文弱の将軍」というイメージは、見直されつつある。
本展は、実朝の命日にあたる1月27日を含む期間での開催。実朝終焉の地である鶴岡八幡宮境内に位置する同館において、実朝や彼の生きた時代への理解を深めてもらいたい。

開催情報

ジャンル
美術館

9:00〜16:30、月曜日(祝日の場合は翌平日)

※入館は閉館の30分前まで

料金

一般600円(500円)、小・中学生200円(100円)

※(  )内は20名以上団体料金
※次の人は観覧料が無料になりますので、受付に手帳などを呈示してください。
・市内の小中学校に通学する児童・生徒、および市内在住の小中学校児童・生徒
・市内在住の65歳以上の方
・身体障害者手帳の交付を受けた方及びその付き添い1名
・療育手帳の交付を受けた方及びその付き添い1名
・精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた方及びその付き添い1名
・鎌倉市原子爆弾被爆者の援護に関する条例(昭和48年3月条例第37号)に基づく援護資格認定証の交付を受けた方
・ 市内に所在する高等学校の学校行事として来館する生徒及び引率者

お問い合わせ

アプリで読む