Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

(C)2018MoozFilms

存在のない子供たち

シネスイッチ銀座

両親を裁判で訴えた12才の少年の壮絶人生

『キャラメル』のナディーン・ラバキーが監督を務め、2018年のカンヌ国際映画祭で審査員賞とエキュメニカル審査員賞を受賞した社会派ドラマ。わずか12歳で両親を訴えた少年の語る壮絶な人生を通し、中東における貧困などの社会問題を鋭く描く。キャストには役に似た境遇にいる素人を起用。その心情を露わにしたリアリティ溢れる演技が光る。

中東の貧民窟で生まれ育ったゼイン。両親が出生届けを出さなかったことから、法的に社会に存在しない彼は誕生日を知らないどころか、学校にも通えないでいた。朝から晩まで働き詰めの彼は12歳の時、意を決して両親に対し裁判を起こし、自分を生んだ罪に問う。

アプリで読む