Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

リアル 最大の奇抜

18/3/10(土)~18/5/6(日)

府中市美術館

リアルに描くことは美術の基本……そう考えている人は少なくない。明治時代の欧化政策を背景に、近代以降、西洋の画法をあらゆる美術の基本とする考え方が日本に定着したからだろう。しかしそれは、言うまでもなく近代の話であり、きわめて限られた「リアル」のあり方だ。古くからの日本の絵画を思い浮かべてみてほしい。迫真性にこだわらない、純粋な色や形そのものから醸し出される美しさは、日本絵画の大きなおおきな魅力だったのだ。江戸時代になると、そんな日本の絵画の「美しいものづくり」のうえでは必要とされなかった、あるいは意識外だったことを追及する画家が現れる。その一人が円山応挙だ。応挙は、徹底した「リアル」の画家。目に映るありさまを冷静に分析して画面に表してあらわしてみる、いわば既成の美の手段を破壊した創作者であった。「画を求めるなら自分に、図を求めるなら円山応挙に頼めばよい」。これは、今日「奇想の画家」と呼ばれる曽我蕭白が語ったと伝えられる言葉。人気の応挙を向こうに回し、個性で勝負する蕭白の意気を示すものとして、よく知られている。しかし、蕭白といえば、中世以来の禅画の創作精神をも汲む画家である。見方を変えれば、旧来の芸術観をもつ蕭白にとって、科学的な目や技術から新しい絵づくりを試みた応挙の作品は、もはや別世界のものだったのかもしれない。たとえこの言葉が蕭白自身のものではなかったとしても、当時の人々の「リアル」に対する一つのひとつの受け取り方を示す、非常に興味深い内容ではないだろうか。江戸時代中期以降、応挙や江戸の司馬江漢ら、さまざまな画家たちが、思い思いに手法を考え、迫真的に表すことから生まれる未知の絵画の魅力を探っている。西洋絵画を目標にした明治以降とは違い、彼らの作品は、見た目も技法も多様だ。また、それまでの「絵画の美とはこうあるべきだ」という考えや美意識と葛藤する様子、あるいは融合を試みる様子もみられる。ともすると近代の先駆けとみなされることの多い江戸時代の「リアル」だが、本展ではそのようなことに縛られずに、むしろそれを疑いつつ、作品に向き合いたいと思う。未知の領域に挑む画家たちの、濃密で素晴らしい創作の数々を、ぜひ観てほしい。

開催情報

ジャンル
美術館

10:00〜17:00(入場は16:30まで)、月曜日休館(4月30日は開館)

料金

一般700円、高校生・大学生350円、小学生・中学生150円

出品作家

アプリで読む