Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

女囚701号・さそり

とある女子刑務所。けたたましく鳴り響くサイレンが、女囚の脱走を告げた。逃げたのは松島ナミと木田由紀子である。二人はたちまち捕まり、懲罰房に入れられた。かつてナミには杉見という麻薬捜査官の恋人がいた。杉見は悪徳刑事でナミを利用し、私腹を肥やしていた。だまされたことを知ったナミは杉見を襲ったが、致命傷には至らず逮捕されたのだった。復讐に燃えるナミは、刑務所内で女囚たちから“さそり“と呼ばれ、孤立していた。ある日、女囚たちの暴動が起き、ナミも巻き添えを食うが……。当時、新人だった伊藤俊也監督はナミの回想シーンを回り舞台のように映し出したり、赤い照明や隈取りを使って、様式美を大胆に劇画的にデフォルメした演出を展開。また冒頭とラストに日の丸を映し出したり、ナミが杉見を襲うシーンを警察に設定するなど、私怨の物語を権力に対する公的な怨念へと昇華させた。梶芽衣子の歌う主題歌『恨み節』もヒットした。

上映情報

ジャンル
日本映画
制作年・国
1972/日本
配給
東映=東映東京
上映時間
87分

キャスト&スタッフ