Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

東京都交響楽団 第864回 定期演奏会Aシリーズ

18/10/24(水)

東京文化会館 大ホール

マーラー、シェーンベルクらとともに世紀転換期のウィーン音楽界を飾ったシュレーカーとツェムリンスキー。いずれもオペラ作曲家として名を馳せ、濃密なオーケストレーションを駆使した香り高く豊潤な響きを特徴とする彼らの交響作品の代表作を上演。1管編成ながら魔術のように多彩な音色を聴かせるシュレーカーの《室内交響曲》は、まさにこの作曲家の面目躍如たる傑作。一方、大管弦楽をバックにソプラノとバリトンがタゴールの詩を歌い交わし、成就せぬ愛のドラマを演出するツェムリンスキーの《抒情交響曲》は、文字通りの官能的大作。リヨン国立歌劇場での共演を通じて大野が惚れ込んだ2人の名歌手を迎えて、満を持しての演奏です。

シュレーカー:室内交響曲/ツェムリンスキー:抒情交響曲 op.18

公演情報

ジャンル
オーケストラ

未就学児童は入場不可。

料金

S席:7,500円
A席:6,500円
B席:5,500円
C席:4,500円
Ex席:3,200円

チケット購入はこちら

チケットぴあ

キャスト&スタッフ

お問い合わせ

アプリで読む