Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

はじめての古美術鑑賞 漆の装飾と技法

18/5/24(木)~18/7/8(日)

根津美術館

漆は古代より塗料として日本人の生活の道具に使われてきた。奈良時代になって中国から美しい装飾を加えた漆器が紹介されると、我が国でも金彩を施した蒔絵の装飾が始まり、日本を代表する工芸品として世界に知られるようになる。一方日本では中世以来、中国や朝鮮半島の漆器を「唐物漆器」と称して特に大切にしてきた伝統がある。螺鈿、彫漆、存星など様々な技法で作られた漆器は、日本にしか残っていないものもあり、大変貴重だ。本展では、日本や中国、朝鮮半島の漆器の歴史や装飾、その技法などをわかりやすく解説する。

開催情報

ジャンル
美術館

10:00~17:00 (入館は閉館の30分前まで)、月曜日

料金

一般1100円、学生800円

※20名以上の団体、障害者手帳提示者および同伴者は200円引き、中学生以下は無料

お問い合わせ

アプリで読む