Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

ガレも愛した―清朝皇帝のガラス

18/4/25(水)~18/7/1(日)

サントリー美術館

中国のガラスの起源は古く、春秋時代末期から戦国時代(紀元前5~前3世紀)に遡る。当初は主に儀式にまつわる璧や剣装、あるいはトンボ珠や環などの装飾品が多く、貴石や玉の代用品の役割を果たした。
その長きにわたる歴史の中で、ガラス工芸が飛躍的に発展したのは、清王朝の時代。康煕35年(1696)、第4代康煕帝(在位1661-1722)が紫禁城内にガラス工房・玻璃廠を設置し、皇帝のためのガラス作りを開始したことが契機となった。第5代雍正帝(在位1722-36)もこれを引き継ぎ、続く第6代乾隆帝(在位1735-95)の治世には、ヴァリエーションも豊かに栄華を極める。
ガラスといえば、「透明性」と「はかなさ」が最大の魅力だが、特に最盛期の清朝のガラスは趣が異なり、「透明」と「不透明」の狭間で、重厚で卓越した彫琢が際立っている。その類まれなる美しさは、フランス・アール・ヌーヴォー期を代表する芸術家エミール・ガレ(1846-1904)をも魅了し、彼の造形に取り込まれていった。
本展は、清朝皇帝のガラスの美を、ガレの作品とも比較しながら、有数のコレクションで紹介する試みである。英国ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館から来日する作品群とともに展示する。

開催情報

ジャンル
美術館

10:00~18:00(入館は閉館の30分前まで)、火曜日休館(5月1日、6月26日は18時まで開館。shop×cafeは会期中無休)

料金

一般 1300円
大学・高校生 1000円

*中学生以下無料
*障害者手帳をお持ちの方は、ご本人と介護の方1名様のみ無料

チケット購入はこちら

チケットぴあ

出品作家

お問い合わせ

アプリで読む