Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

怒りの日〈1943年〉

「裁かるゝジャンヌ」(1927)、「吸血鬼」(1931)を撮った後、長らく劇映画製作から離れていたC・T・ドライエルが、1942年のドキュメンタリー映画「母性を助ける」のすぐあとに撮った一編。老司祭代理アブサロンは、自分の息子よりも若い後妻アンヌを迎えている。そんな折、遊学に出ていた息子マッティンが帰郷。アンヌとマッティンは自然に接近し、愛し合うようになる。それを知ったアブサロンは、ショックのあまり死亡。つかの間、解放感を味わうアンヌだったが、魔女との告発を受けてしまう……。サイレント時代の圧倒的な画面の強度は薄れ、平凡な構図を選ぶようになったドライエル監督ではあるが、衝撃的なシーンが散見されることも確か。タイトルの「怒りの日」は、カトリックの葬送ミサからきている。ヴェネチア映画祭審査員特別表彰。なお、オリジナル版は105分という説もある。

上映情報

ジャンル
外国映画
原題
VERDES DAG
制作年・国
1943/デンマーク
上映時間
98分

キャスト&スタッフ

アプリで読む