Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

©Kozo Miyoshi

三好耕三 繭 MAYU

19/1/8(火)~19/2/23(土)

PGI

三好耕三は、1970年代に写真家としてのキャリアをスタートさせ、1981年から8×10インチ判の大型カメラでの撮影を始めた。
これまで数多くの作品を生み出してきた三好は、1980年代に「Innocents 天真爛漫」、「Picture Show 傍観」、「Conservatory 温室」、など日本人や日本の原風景を捉えた作品を発表した後、90年代には5年間、米国アリゾナ州ツーソンに滞在し、「Southwest」、「Chapel」、「CACTI」、「Airfield」、などの作品を発表、綿密な描写による独自の写真世界を広げていった。
2009年からは16×20インチの超大型カメラに持ち替え、旅の途上で出会う光景に、一会の傍観者として対峙するスタイルで、旅と撮影を続けている。
また「ROOTS」や「CAMERA」、「SABI」シリーズなど、これまでにも旅と旅の合間に、決まった場所と光でひとつのモチーフを見つめることがあった。
本作「繭 MAYU」は、旅の途上、ある出会いで繭農家を訪れたことがきっかけとなって、ひととき足を止めて撮影された。
2015年、いつもの旅の途中で拾ったひとつの繭に導かれるように繭農家を訪ねた三好は、障子を隔てて差し込む光の中で、蔟(まぶし)と呼ばれる使い込まれた升の中に、白く丸い繭がひとつずつ並んでいる様を目にする。
ベストなタイミングと最高の光で撮影する、そのネガを持ち帰り、それをプリントした時、白く美しい繭がどのように自分の写真に現れるか、この時すでに興奮とともに知ったのだろう。「最初に見た時、これをこのように撮ると決めていた」と語っている。
養蚕は、古く紀元前に中国から伝わり、明治時代の隆盛期を迎え、その後、昭和の初め頃まで、日本経済を支える重要な産業のひとつだった。古くから伝わる方法と、長く使いこまれた道具に大切に育てられた、なんとも言えない愛らしい曲線と美しい絹色の繭玉だが、自然と、人間の生活の関わり合いの中で、時に経済に翻弄された時代もあった。そこには、人間と自然の関わり合いの美しい部分、暗い部分の両方が潜んでいる。
撮影は、試行錯誤を重ね、蔟に収まった繭を、光の中で正面から捉えている。ただ美しく繭が並ぶのではなく、背後にある永い時間に対峙するような作品である。
モノクロームプリント30余点を展示する。

開催情報

ジャンル
ギャラリー

11:00~19:00(土曜は18:00まで)、日曜・祝日休館

料金

無料

出品作家

お問い合わせ

アプリで読む