Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

封印殺人映画

07/7/7(土)

シネセゾン渋谷にて公開

封印され続けたスラッシャー映画の歴史を紐解く

70~80年代、世界中の映画ファンを恐怖と熱狂の渦に巻き込んだスラッシャー映画の文化的側面に迫るドキュメンタリー。常に実際の殺人事件との関連性を指摘され、世間から叩かれ、封印され続けてきたスラッシャー映画。その本質と実態をジョン・カーペンター、ウェス・クレイヴンら監督たちが語るスラッシャー映画への想いを交えながら綴る。

多くの映画ファンに愛されながらも、「実際の殺人事件を誘発している」という非難と弾圧を受け続けているスラッシャー映画。そして今、封印されてきた恐怖と残虐描写に満ちたスラッシャー映画の歴史と本質が明かされる。

上映情報

ジャンル
外国映画 ドキュメンタリー
原題
GOING TO PIECES:THE RISE AND FALL OF THE SLASHER FILM
制作年・国
2006/米
配給
ムービーアイ
ヘッド館
シネセゾン渋谷にて公開
上映時間
88分
公開日
2007/7/7(土)
レイティング
R18+

キャスト&スタッフ

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play