Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

審判〈1963年〉

カフカの同名小説の初めての映画化。ある朝突然、当局によって“有罪“を宣告された大会社の副部長ヨーゼフ・K。だが検察官も刑事も彼の罪状を知らず、身柄を拘禁する必要もないという。自由の身のまま一挙手一投足を監視され、次第に疲弊していくK。呼び出された法廷は大群衆がひしめき合う廃劇場で、とても官僚とは思えぬ下品な司直が無意味なおしゃべりをするばかり。さらに伯父の勧めでとある高名な弁護士を訪ねたKは、それから現実なのか空想なのかわからない奇妙な人間たちの間を往復したあげくに爆殺される……。不条理小説の名作に、O・ウェルズが挑んだ一編。何もかもが歪んだ世界で、主人公がまさに小突き回される姿には戦慄を覚えずにはいられない。長身のA・パーキンスと、体積で圧倒する巨漢ウェルズが対話する場面など、繊細なカメラワークも出色。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play