Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

O侯爵夫人

仏ヌーヴェル・ヴァーグを代表する監督の一人、ロメールが、H・V・クライストの短編小説を映画化。現代的な解釈を加えずに、原作を忠実に再現している。フランス革命直後のイタリア北部、身に覚えのない妊娠をしたO侯爵夫人が子供の父親になる人を求め、広告記事をはり出した。果たして、彼女の身に何が起こったのか……? その数ヵ月前、夫人の住む城がロシア軍に攻められ、ロシア兵に犯されそうになった夫人はあやうくロシア軍の中佐F伯爵に助け出される。F伯爵は夫人に求婚するが、夫亡き後、貞淑を誓った彼女はかたくなに拒否。そんなある日、婦人の妊娠が発覚する。夜の室内はローソクのみ、昼は自然光の照明のみで撮影された映像美が見事。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play