Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

ラザロ

07/7/14(土)

ポレポレ東中野にて公開

格差社会が生んだ女性の愛憎を描く問題作

『MOON CHILD』『刺青』などの脚本や、『LEFT ALONE』などの監督作品で知られる井土紀州が『百年の絶唱』以来9年ぶりに発表した劇映画。京都、東京、伊勢を舞台に、「蒼ざめたる馬」「複製の廃墟」「朝日のあたる家」と題した3篇が展開される。3人ひと役による3篇を通して、格差社会が生み出したモンスター=「マユミ」に迫り、その愛と憎しみを鮮烈に描いた問題作だ。

少女たちを率いて金持ちの子息をたぶらかし、その資産を奪おうと目論むマユミだが……(「蒼ざめたる馬」篇)。偽札事件を追う若き刑事が事件現場で出会った女性の正体は!?(「複製の廃墟」篇)。とある地方都市で、ささやかな幸せを望んでいたマユミの元へ、ある日東京から妹のナオコが戻り……(「朝日のあたる家」篇)。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play