Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

関の彌太っぺ〈1963年〉

ふとしたきっかけから、孤児のお小夜を旅篭“沢井屋“に届け、名も告げず去っていった旅人・関の弥太っぺは、10年後、お小夜一家が彼を命の恩人として探していると知らされるが、ヤクザ渡世の身をはばかって立ち寄ろうともしない。しかし、同じヤクザ仲間の箱田の森介が、昔の恩人と偽って沢井屋に乗り込み、お小夜を苦しめていると知るや、素性を隠してお小夜の前に現れる……。ヤクザ渡世に生きてきた男の苦渋と心の優しさを、悲しく美しくうたい上げた作品。特に、弥太郎とお小夜が運命的な再会をする場面がいい。今を盛りと咲きほこる白いむくげの花を垣根にして、ヤクザ家業で傷だらけとなり、変わりはてた弥太郎が、美しく成人したお小夜に“お小夜さん、この娑婆にゃあ、悲しいこと辛えことがたくさんある。だが、忘れるこった。忘れて日が暮れりゃ、あしたになる“と10年前と変わらぬ言葉をかけ、さっと立ち去っていく。ハッと気づいたお小夜が“旅人さん“と呼び止めようとする場面では、観る者の瞳を潤ますに違いない。

上映情報

ジャンル
仁侠/時代劇
制作年・国
1963/日本
上映時間
89分

キャスト&スタッフ

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play