Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

東京小説~乙桜学園祭~

07/6/2(土)

ユーロスペースにて公開

桜井亜美×安達寛高が生み出す“東京の姿“

『イノセント・ワールド』の桜井亜美、『ZOO』の安達寛高(乙一)という人気の小説家ふたりが、“東京でひとりぼっちの少女“をテーマに映画を制作。白と黒の服しか着ない少女がある青年と出会ったことで変化する様を描いた桜井の『人魚姫と王子』、母の思い出を取り戻すために東京を彷徨う少女を描く安達の『立体東京 3D-TOKYO』と、それぞれ個性的な作風を見せる。

服は白と黒しか着ない。拒食症で、男はダーツで決める。そんな少女ナジュが、クリーニング屋勤務の高瀬と出会った。彼はナジュに「もっと似合う色があると思います」と、自身が染めたワンピースをプレゼントする。(『人魚姫と王子』)

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play