Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

罪と罰〈1935年〉

数多く映画化されたドストエフスキーの『罪と罰』だが、その中で最も原作に忠実と評されるのがこの前衛映画出身のP・シュナール監督作。独自の犯罪理論から殺人を犯した青年の物語を、クローズアップを多用した心理的なカメラワークと、映像とマッチした現代音楽を駆使して描く力作である。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play