Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

「大江戸」展

18/4/1(日)~18/5/13(日)

東京都江戸東京博物館

「大江戸」という名が史料に現れるのは18世紀中頃、推定人口100万人を超えたあたりから。この頃の江戸は、上方を凌駕する経済力を持ち、独自の文化を成熟させる。政治の中心のみならず、物資や金、情報までもが江戸に一極集中し、巨大都市になった。江戸繁栄の歴史は、1590年(天正18年)徳川家康の入封時に遡る。それ以前は、南関東の要衝として、また整備された水陸交通の結節地点として機能する一城下町であった。この小さな城下町「江戸」は、いかにして、政治・経済・文化の中心都市「大江戸」へと発展していったのだろうか。本展では、「江戸の成り立ち」「江戸城の絵図」「火事と江戸」「水辺の風景」「写された風景」の5つの視点から、巨大都市「大江戸」の繁栄の歴史を追い、大都市としての特性を見つめるきっかけとする。なお、本展は4月29日(日)から放送が予定されている、NHKスペシャル シリーズ 大江戸(全3回)の関連展覧会となっている。

開催情報

9:30〜17:30(入館は閉館の30分前まで)、4月9日、16日、23日、5月7日は休館

※土曜日は19:30まで

料金

一般600円、大学・専門学校生480円、中学生(都外)・高校生・65歳以上300円

※中学生(都内)・小学生以下無料

出品作家

お問い合わせ

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play