Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

石原友明展『三十四光年』

18/7/14(土)~18/8/12(日)

MEM

1959年大阪生まれ。1984年京都市立芸術大学卒業。80年代年代セルフポートレイト写真を紡錘形のカンバスに感光乳剤を塗って焼き付けた作品、革で縫い合わせた巨大な彫刻等、写真、絵画、彫刻を横断しながら美術のメディアの枠組みや、見ることの構造を問い直す作品を制作してきました。同時に石原は従来の意味での全身や顔の自画像を撮影するだけでなく、近年では身体の一部(毛髪、血液等)を素材にした「自画像」を平面、立体作品で制作しています。制作行為は、「ものを身体化すること、身体をイメージ化すること、イメージをもの化すること、を繰り返すひとつのプロセス」であり、「からだ」の有限性を拡張する試みだと石原はいいます。本展では、34年前に撮影したセルフポートレイトをあらためて銀塩プリントで焼いたものを計60点展示いたします。他に自画像を元にしたカンヴァス作品や立体等も展示予定。

開催情報

12:00~20:00、月曜日定休(祝日または祝日の振替休日は開廊し、翌日休廊)

出品作家

石原友明

お問い合わせ

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play