Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

浮世絵にみる江戸美人のよそおい

19/5/24(金)~19/6/30(日)

八王子市夢美術館

江戸時代は、現代に比べればはるかに社会的な制約が多かった時代だった。庶民の身だしなみについても厳しいルールがあり、化粧や髪型を見れば、身分・階級・地域や未婚・既婚、そして年齢までも判別できたといわれている。浮世絵に描かれた女性たちを良く見ていくと、そうした制約の中でも、女性たちが自分なりに工夫をして化粧や髪型を楽しんでいたことがわかってくる。
当時の化粧は、現在よりもシンプルで、色にすれば紅の赤、白粉の白、お歯黒の黒の三色からなっていた。江戸の女性たちがどのように化粧道具や装身具を用い装っていたのか、浮世絵から、当時ならではの、あるいは現代にも通ずる女性の心情なども読み取ることが出来るであろう。
本展覧会では化粧にまつわる幅広い研究活動を行っている、ポーラ文化研究所の所蔵する浮世絵美人画と当時の化粧道具・装身具をあわせて紹介。粋で華麗な女性たちの装い、そして繊細な装飾がほどこされた化粧道具や装身具をとおして、江戸の美の競演を楽しむことができる。

開催情報

ジャンル
美術館

10:00~19:00、月曜日休館

※入館は閉館の30分前まで

料金

一般600(480)円、学生[小学生以上]・65歳以上300(240)円、未就学児無料

※土曜日は小中学生無料
※( )内は15名以上の団体料金

出品作家

お問い合わせ

アプリで読む