Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

岡村桂三郎展

18/4/21(土)~18/6/24(日)

平塚市美術館

岡村(1958 生)は、20 代で山種美術館賞優秀賞を受賞するなど早くから頭角を現し、注目されてきた作家。その独特な造形は、バーナーで焦がした巨大な杉板に方解末を塗り重ね、木炭でモチーフの形をとり、その中をスクレーパーでうろこ状に線刻するという特異な手法により生み出されている。こうした造形行為によって、従来の日本画にはない物質感や重厚な存在感を獲得した岡村は、2004年芸術選奨文部科学大臣新人賞、2008年第4回東山魁夷記念日経日本画大賞、2012年第18回MOA岡田茂吉賞MOA美術館賞を受賞するなど、現代の美術界をけん引する気鋭の作家として活躍している。
本展は、2008年に神奈川県立近代美術館で開催された個展以来、県内では10年振りとなる大規模な個展で、充実した活動をみせる岡村桂三郎の、今回の個展のために制作された新作のほか、岡村の画業の変遷を確認できる旧作・近作を含む31点を紹介する。

開催情報

9:30~17:00(入場は16:30まで)、月曜日休館(4/30は開館)

料金

一般 400円
高大生 200円

※中学生以下、毎週土曜日の高校生は無料
※各種障がい者手帳の交付を受けた方及び付添1名は無料
※65歳以上で平塚市民は無料、市外在住者は団体割引

出品作家

お問い合わせ

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play