Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

アレクサンドリア

11/3/5(土)

丸の内ピカデリーにて公開

実在の女性天文学者に光を当てた歴史大作

『海を飛ぶ夢』の若き名監督アレハンドロ・アメナーバルが、巨費を投じて完成させた歴史スペクタクル劇。『ハムナプトラ』シリーズや『ナイロビの蜂』で知られるレイチェル・ワイズが、ローマ帝国末期に実在した天文学者ヒュパティアを熱演。誇り高きヒロインの生き様を壮大なスケールで描き、スペインのアカデミー賞たるゴヤ賞で7部門を独占した。

4世紀のエジプト・アレクサンドリア。類い希な美貌と頭脳を持つ天文学者ヒュパティアは、多くの弟子を受け入れ、情熱的な講義を行っていた。しかしキリスト教徒と学者の間で激しい対立が起こったことから、ヒュパティアも波瀾万丈の運命にのみ込まれていく。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play